ガッテン-靴下の臭いが激減し穴や毛玉も防ぐ簡単スゴ技のやり方とは?

靴下の嫌なニオイガッテン

『お父さんの靴下、くさ~い!』なんてご家庭、多いんじゃありませんか?

それに、安いからといっても、すぐに穴が空いてしまうようじゃ、家計の負担にもなってしまいます。

でも、仕方ないのかなぁ・・・?なんて思っていませんか?

実はその靴下、臭いが激減し、穴や毛玉を防ぐ簡単なスゴ技の方法があったんです。

今回は、2020年2月19日放送の「ガッテン」~「靴下」ニューワールド

臭わず長もち!スゴ技大放出の、靴下をにおいにくくする&穴や毛玉を防ぐ方法を紹介します!

靴下の臭いが激減し穴や毛玉を防ぐ簡単スゴ技

私たちが普段はいている3足1000円ほどの靴下も、実はニオイがしにくく、超長もちの「スーパー靴下」に変身させることができます。

その方法は「あること」をして洗濯するだけ。

メーカーも推奨している正しい洗い方ですから、間違いありません。

そのスゴ技的方法とは・・・?

裏返しにして洗う!だけです。

干すときも裏返しのままでOK。

さらに靴下の傷みを抑えるためには、直射日光の当たらない、風通しのよい場所で「陰干し」がおすすめです。

「裏返し洗い」は、ストッキングやタイツでも有効です。

ストッキングは裏返した状態で、洗濯ネットに入れて洗います。

※ネットに入れるストッキングは1足ずつにしてください。

裏返して洗うと臭くない理由

靴下の臭い

裏返して洗うと臭わなくなる理由は、靴下の表と裏が異なる繊維で作られているためです。

多くの靴下の表側には、風合いのよい「天然繊維」が、裏側には靴下がずり落ちないように伸縮性のある「化学繊維」が使われています。

裏側に使われている化学繊維は、足の皮膚や角質などの「たんぱく質汚れ」が
絡みつきやすくなります。

さらにたんぱく質汚れは、洗剤で落ちにくいという特徴があります。

そのため、汚れの残った靴下を履くと、足の常在菌がそれをエサに増殖し、いやなニオイを発生させてしまうのです。

裏返し手洗うと長持ちする理由

天然繊維は化学繊維に比べ強度がないので、表のままで洗濯を繰り返すと摩擦などのダメージを受け、穴や毛玉が出来やすくなります。

そのため裏返して洗濯をすれば、靴下が長もちするのです。

超簡単スゴ技、ご理解いただけましたか?

まとめ

今回は、やり方もすごく簡単でわかりやすく、しかも『そうなのかぁ!』と納得しました。

実は私の場合、足の親指の部分に穴があいてしまうことが早くて、飲み会の座敷なんかだとホント嫌で、穴あき靴下のことを『春になって芽が出てきたかなぁ~』なんてジョークを言って、ごまかそうと本気で考えていたこともありました。

明日からは、裏返し・陰干しを早速実行してみたいと思います。

手前みその余談

靴下のまえに足の臭いですが、簡単・速攻でなくす方法は、足の角質を取って(軽石などで落とす)綺麗にすることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました