林先生の初耳学:耳に輪ゴムで小顔効果を真野恵里菜さんが教えてくれた方法!

真野恵里菜林先生の初耳学

2016年10月9日放送の「林先生が驚く初耳学!」で、スタジオにゲストとして来ていた真野恵里菜さんが、「耳に輪ゴムをつけると簡単に小顔になれる」という驚きの美容法を教えてくれました!

小顔って言うと、リンパマッサージや顔面体操といった、 専門的な知識を持ってやらないといけない感じですが、輪ゴムを使った小顔作りは、小難しいことは全くありません。

耳に輪ゴムをかけるだけで小顔になる 

 

耳に輪ゴム

真野恵里菜さんは、「耳に輪ゴムを付けると小顔になる!」という方法を、林先生の初耳学として披露。

小顔になるため様々な方法を試す方も多いと思いますが、 輪ゴムを使うだけでお手軽に小顔効果が!

耳に輪ゴムで小顔を作る方法

1.まず、輪ゴムを自分の耳が少し締め付けられるサイズに調整します。

2.あとは、耳の付け根にかけて10分間おくだけ。

とっても簡単、たったこれだけです。

スタジオでは実際に、モニター女性で検証。

 

小顔効果

10分後、輪ゴムを付ける前と比較してみると、確かに頬が上がり小鼻に・・。

さらに顔の輪郭もシャープになり、小顔効果が得られています。

真野恵里菜さんは、「こうして10分間つけるだけで、リフトアップ効果があるんです。

それで、小顔になるんです。」と話す。

これに対し林先生は、初耳学として認定のボタンを押しました。

耳に輪ゴムで小顔になる理由とは?

そもそも、顔がむくんでしまうというのは、余分な水分が溜まってしまうという以外にも理由が・・・

室原志都子さんによると

顔の横の部分には、咬筋(こうきん)という咀しゃく筋の一つがあり、それが緊張してくると固くなって縮んだり、あとはねじれたりします。

咬筋は骨にもくっついているので、正しい位置から外れてしまうので、それが大きな顔になってしまう原因になりますという。

そこで、輪ゴムを付けて耳元の筋肉を刺激すると咬筋が緩み、引っ張られた骨が元の位置に戻るため、小顔になるというものです。

肩こりの解消効果も!

耳は、両手両足の指先までつながる、筋肉のスタート地点。

そのため、輪ゴムで流れをせき止めてから解放することで、血液とリンパ液のめぐりが一気によくなり、肩のこりや痛みが和らぐのです。

普通に生活をしているだけで咬筋は固まるので、毎朝やるとより効果がたかまるのことです。

まとめ

真野恵里菜さんの、耳に輪ゴムで小顔効果!はいかがでしたか?

やり方はとにかく簡単!

輪ゴムを自分の耳が締め付けられる程度に調節し、後は耳の付け根にかけて10分間待つだけ。

たったこれだけです。

これなら、ぐうたらな私でも出来そう。

例えば、朝起きたら最新ニュースをスマホでチェックしている間に、耳に輪ゴムをかければいいだけです。

やっぱり、小顔作りも一日にして成らず。

続けることが大事ですね。

出典:https://binohiketu.com/hatumimigaku/

Go To トラベルキャンペーン特集!

日本旅行では、さまざまななツアーを多数取り揃えています。 家族旅行から女子旅、ひとり旅、日帰りまで、目的に応じたプランからご希望の旅行が見つかります。 往復新幹線と宿泊のセットがお得なプランに注目です! Go To トラベルキャンペーンは、宿泊、または日帰りの国内旅行の代金総額に対して、国が支援する事業です。 「観光復興」「安心・安全の旅行」の両立を目指して取り組んでいる事業です。 観光復興に向けて、Go To トラベルキャンペーンを利用しましょう!
林先生の初耳学
さとるをフォローする
解決ねっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました