森の中に捨てられた子猫を保護したカップルの心温まる行動が神対応!

日本でも捨てられるネコの数が、減少しているとは思えません。

過去に私は井之頭公園の林のなかで、ショートケーキの箱のなかに、産まれたばかりの2匹の猫を入れて、捨てていたのを保護し、約1ヶ月半ほどまで育てた経験があります。

その後、知人のまた知り合いの方に、運良く2匹とも引き取ってもらい、里親になっていただきました。

命の大切さは、何も人間だけのものではなく、動物も同じではないでしょうか?

今回はそんな、森の中に捨てられた子猫を保護した、カップルの心温まる行動の動画を、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

休日の午後、公園を散策中・・・

ある公園の森のなかで、生後数週間しかたっていない、4匹の子猫達が踊るようにはしゃいでいました。

たまたま森の中を散策していたカップルは、その様子を見て声をかけると、人なつっこく寄ってきます。

明らかに、誰かが飼っていたのを森の中に捨てたようです。

カップルは『新しい友だちができた』と思い。

早速、自宅に招待することに決め誘いました。

すると、子猫達も喜んでついてきます。

呼ぶとついてくる子猫

どうやら、招待を受けてくれるようでした。

公園から自宅に向かう途中で、知り合いに偶然会い、『その子猫たちはどうしたのか?』と尋ねられました。

すると男性は、『森の中で捨てられていたのを、保護するところなんだ』と答えました。

そう、子猫たちはお腹をすかして、衰弱している様子です。

安心して眠れる場所も必要です。

スポンサードリンク

自宅までは、車で数十分、子猫たちはおとなしくしています。

カップルの家につくと、すぐにお水が用意されました。

4匹の子猫達は、仲良くそのお水をいただきました。

次にごはんです。

まるで貪るように食べます。

よっぽどお腹がすいていたのでしょう!

食事がおわったら、今度はかる~く体操です。

最後に一匹づつシャワーを浴びて、パーティはお開きとなりました。

あとがき

ネコが好きなひとにとっては、おそらく天使に見えたことでしょう!

特に子猫のうちは、守ってやりたい一心で世話をすると、それ以上の癒やしを与えて返してくれます。

子猫が天使なら、保護したカップルは、「神」といいたいです。

幸せを運んでくれるものを捨てるなんて、勿体無いですよ。

スポンサードリンク