「最も幸せなクリスマスソング」がコレだ!人気の曲の分析データをもとに作曲された超ハッピーな歌が・・・

誰しも想い出に残っている大好きなクリスマスソングがあります。

中には、切ない想い出の場面を思い出したりして、哀愁がただようこともあるかもしれません。

しかしクリスマスイブには、幸せな気分に浸りたいもの。

米ボストン音楽院の音楽教授ジョー・ベネット氏が、「最も幸せなクリスマスソング」を調査&分析して誕生した曲をご紹介します。

最も幸せになれるかどうか?は、あなた自身が聴いて判断してくださいね。

スポンサードリンク

この時期になると、嫌でも耳に入って来るクリスマスソング。

なかには、「子供の頃から何度も聞きすぎて飽きてしまった……」という人も少なくないかもしれない。

そんななか、人気クリスマスソングを分析して作曲された「最も幸せなクリスマスソング」が誕生! 読者の皆様は、この曲を聞いてハッピーな気持ちになれるだろうか!?

「最も幸せなクリスマスソング」が誕生!

「最も幸せなクリスマスソング」を誕生させるべく調査&分析に当たったのは、米ボストン音楽院の音楽教授ジョー・ベネット氏だ。

彼は、音楽ストリーミングサービスSpotifyで、2016年12月25日にイギリスでストリーミングされた曲トップ200をリサーチ。

その200曲のうち78曲がクリスマスソングで、その78曲の特徴をさらに分析したのである。

テーマは「故郷や恋愛」など

スポンサードリンク

その結果、「故郷と恋愛、失恋とパーティー、雪とサンタクロース、宗教と世界平和」の8つのテーマが曲の根幹を成し、インストゥルメンタルの曲も多かったことが判明。

また38曲で鈴が使用され、10曲はカナダ出身の歌手マイケル・ブーブレが歌う曲であることも明らかに。

そして95パーセントの曲が長調で、90パーセントの曲が4分の4拍子でもあることも分かった。

こうした一連の分析結果をもとに、イギリスの著名な作曲家スティーブ・アンダーソンさんが『Love’s Not Just For Christmas』を作曲!

超ウキウキな気分になれちゃうクリスマスソング

では一体どんな歌なのか、YouTubeにアップされた同曲のビデオを興味津々で見てみると……。

アップテンポでキャッチーな曲には「クリスマス」という言葉が何度も登場し、少しマライア・キャリーの『All I Want for Christmas Is You』を彷彿とさせる。

さすが調査と分析のもとに作られただけに、確かに聞いていたらウキウキとハッピーな気分になれる仕上がりになっていた。

「最も幸せなクリスマスソング」との名目で作曲された『Love’s Not Just For Christmas』はSpotifyでストリーミングが可能なので、クリスマス用のプレイリストに加えてみてはどうでしょうか?

ソース元
https://rocketnews24.com/2017/12/12/992045/

まとめ

「最も幸せなクリスマスソング」はいかがでしたか?

私の感想は?といえば、確かに幸せになりそうな曲ですが、”心に刺さる”部分は残念ながらありませんでした。

どとらかというと、ファミリー(家族)向けといった印象の歌です。

私がクリスマスソングとして一番印象深く好きな曲は、ワムの「ラストクリスマス」(WHAM! – LAST CHRISTMAS)です。

歌詞そのものの意味をよくわからなくても、その時私自身の情景が浮かんできて、心に刺さってきます。

もしかしたら、あなただけのクリスマスソングも、そんな感じなのではないでしょうか?

ちょっと早いですが、「メリークリスマス」

スポンサードリンク

シェアする

フォローする