知っておきたい「のし」のタブー3つと種類に掛け紙とお金の包み方

のし 冠婚葬祭

めでたいことは、予め予定できる事が多いですが、残念ながら悲しい出来事は、突然にやってくることが多いですね。

そして、親しい関係であれば、日本には贈るという習慣があります。

ですがこの慣習、度々でもなければ基本というのは、なかなか知ることも覚えておくこともできません。

しかし、最低限のマナーを知っておかないと、恥ずかしい事になり、なにより大変失礼になってしまいます。

そこで今回は、「のし」に関するタブー3つをご紹介します。

難しいことではないですが、初めての方には「どうなの?」と疑問に思うこともあるはずです。

この機会に、是非覚えてみましょう!

スポンサードリンク



知っておきたい「のし」3つのタブー

1.のしは弔事にはつけない

のしは、正式には「のしあわび」と呼ばれ、元来、肉、魚など生ぐさものを意味するものです。

なまぐさものが禁物となる弔事の場合は、のしはつけないのが決まりです。

2.のしは生ものにはつけない

のし事態がなまぐさものの意味です。

贈り物の中身が肉、魚などの場合(鰹節なども)は、たとえ慶事であってもつけません。

3.のしは結納の目録にはつけない

結納品の目録にのしをつけるのは、よくある間違いです。

目録は贈答品ではないのでつけません。

のしの種類とつけ方

のしには大きさも種類もいろいろある

のしにはいろいろな種類がありますが、代表的なのは「真」「行」「草」「蝶花形」「飾りのし」などです。

真は目上の人に、行は格式張らないときや同僚に、草はごく親しい関係の人に用いるなどの決まりが一応ありますが、現代では厳密な使い分けはしていないようです。

このうち「真」「飾りのし」は、結婚によく用いられます。

大きさは、祝儀袋や品物につける小さなものから結納に使う長熨斗まであり、文房具や紙の専門店、デパートでも買うことができます。

のしをつける位置は、掛け紙も祝儀袋も右肩ですが、昔はのしを添えるという意味で水引に挟んだそうです。

掛け紙のかけ方

正式の贈り物には、紙をかけて水引とのしをつけます。

贈り物を包むときは、水引やのしが印刷されたのし紙をかけることが多いようです。

しかし本来は、贈り物には奉書紙や半紙などの紙をかけ、水引とのしをつけるのが、正しい作法です。

印刷では、絵に描いた餅になってしまいます。

現代では、そこまで正式にする例というと、結納などの慶事に限られるようですが、正式な作法を知っていれば、いざというときも心強いものです。

市販ののし紙の場合は略式のかけ方で良い。

掛け紙のかけ方には、正式、略式と2つあります。

市販ののし紙をかける場合は、略式でかけることになります。

いずれの場合も、品物の上に直接かけるのが決まりです。

お金の包みの折り方

慶事と弔事では包み方が逆になる

お金を包む場合、大抵の人が市販の袋を使います。

しかし、奉書紙や半紙などの和紙を使い、自分で折ることもできます。

手作りのつつみに、心を込めて毛筆で表書きを書いたなら、どんな豪華な市販の袋にも負けない贈り物になることでしょう。

また、慶事と弔事では折り方が逆になるので、市販のものを使う場合でも、お金を入れた後、折り返す時には間違えないようにしましょう。

コメント