貴ノ岩の今の”ある姿”を有力支援者が激白・・・後遺症や精神的な不調から睡眠薬を常用か?

元横綱日馬富士は傷害容疑で書類送検されたが、休業に関する診断書が貴乃花親方からは未だに提出されず、貴ノ岩の居場所も都内の病院とまでしかはっきりしたことがわからずじまいだ。

そんな中、貴乃花の有力支援者が貴ノ岩の今の”ある姿”を激白した。

行方や病状が一向に伝わっていなかった情報が、ここで語られたのは興味深い。

スポンサードリンク

鳥取県警は11日、元横綱日馬富士(33)を傷害容疑で書類送検したが、被害者の幕内貴ノ岩(27)は姿を見せず、師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=は日本相撲協会の危機管理委員会による聴取を拒否し続けている。

被害者側の師弟に対する批判の声も高まる中、貴乃花部屋きっての支援者で龍神総宮社(京都府宇治市)の祭主、辻本公俊(よしとし)氏(65)が夕刊フジに激白。貴ノ岩は後遺症や精神的な不調から「眠ることができず睡眠薬を飲んでいる」と話した。

同社は、毎年3月に大阪で行われる大相撲春場所中、境内に貴乃花部屋の宿舎が置かれることで知られている。

焦点は危機管理委による貴ノ岩への聴取が実現するかどうかに絞られている。

貴乃花親方は県警の捜査終了後に聴取に協力する意向を示したとされるが、11日も危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)が聴取への協力などを求める文書を手渡すために貴乃花部屋を訪れたところ、居留守を使って対応しなかった。

現状でも、貴乃花親方には貴ノ岩の聴取に直ちに応じる意思はなく、スポーツニッポンの取材には「(書類送検は)終わりじゃない」と話し、最悪、年越し、初場所まで混乱が続く可能性がある。

暴行事件が発覚した11月14日以降、公の場に一切姿を見せていない貴ノ岩の所在は依然として不明だが、夕刊フジが龍神総宮社を訪れたのは、その貴ノ岩が境内に匿われているとの噂があったからだ。

--貴ノ岩は

辻本氏「おらへん言うてるのに。ワシは嘘はつかへん。変な工作も一切せえへんし。

ウチで預かっていれば、預かってるってちゃんと言うよ」

--最近、貴乃花親方や貴ノ岩と連絡は

「してません。こういうときはしません。

(貴乃花親方が)黙して語らずしてんのに、わちゃわちゃ電話できますか。

(貴ノ岩には)一番初め(暴行事件発覚直後)だけ、『大丈夫か』とか『頑張れよ』と。それだけですよ」

--貴ノ岩はいまどこに

「聞いていないけど、病院を探しとるでしょ。

ひょっとしたら、病院が見つかったかもしれんけど。

(11月の九州場所を休場した際)全治2週間という診断書が出たけれど、もうひとつ定かではないしね。

スポンサードリンク

マゲ結った上から殴って、あんだけ頭パカッと割れて、医療用ホチキスで9個って、普通やったら10針以上やろな。

普通のワシらの頭やったら、もっとおかしくなってる。

そやから貴乃花親方はびっくりしたんやろな。

これ、傷害事件やから。

世間やったら、普通は警察に捕まりますよ。

当然逮捕ですわ」

--モンゴル出身力士らが集まった宴席で事件は起きた

「集団で容認した暴行傷害事件ですよ!白鵬やら鶴竜やら、あれだけのケガをするまで誰も止めへんのやから。

止めんとあそこまでさせた。

なぜあの場にいて、もっと早く止めなかったのか。

日馬富士にモノを言えるとしたら、横綱しかいませんやろ。

白鵬しか。白鵬よりは、(日馬富士の方が)同じ横綱でも格下やしね。

(元大関の)照ノ富士まで止めに入って、どつかれとるしね」

--貴ノ岩はケガの程度でいえば、現在開催中の冬巡業はもちろん、11月の九州場所にも出場できたはずだという指摘もある。

「こう(事件直後のケガだけを)見たら全治2週間でしょうけど、あとから腫れや後遺症が出ているみたいですよ。

寝られへんから睡眠薬を飲んどるという。

それで顔がむくんどるんちゃう?(事件直後に参加した)巡業のときの顔を見たら、尋常じゃなかった。まともな顔ちゃうもん」

--日本相撲協会の巡業部長でもある貴乃花親方が10月29日に鳥取県警に被害届を提出し、その段階で協会には全く報告をしていなかったことも批判を浴びている。

「親方が報告したか、してないか知りませんよ。そこまで聞いてへんから。

でも普通、内で収められへんでしょ、頭割られたような事件は。

だからそれはそれとして警察に届けて。起訴とか、結果を待ってからでしょ。

先に協会に届けたりしたら、ひょっとしたら口裏を合わせられないかと心配しますよ。

『横綱が悪い』なんて誰が言います?そもそも協会にすぐ届けるべきなのは、現場にいた人間でしょ。

横綱3人もいてて。

あの2人(白鵬と鶴竜)が協会に届けるべきでしょ。

えらいことしてしまいました言うて」

--協会の危機管理委員会は貴ノ岩への聴取を要望。

診断書を提出せずに冬巡業を休場していることも批判されている

「刑事事件になってるのにさ、何の聞き取りですか。

意味が分からん。

貴ノ岩は気も参っとるのにさ。

(九州場所)休場になって余計悩みますよ。

次は十両やって。

そうなりますよ、一生懸命やってきたのに。

何の温情もない。

惻隠の情もない。

普通やったら、『こういう状況の時やから、ゆっくりしてくれ。巡業もええさけに』というはずや。

『おまえのせいで横綱も引退しよったんや』『親方のせいや』なんて雰囲気になったら萎えませんか?

危機管理委員長も、貴ノ岩が謝らんでにらんだからや、謝っとったらここまでしいひんとかいって、そんなバカな話がありますか」

ソース元
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/171213/spo1712130004-n3.html

まとめ

白鵬は日馬富士の暴行はものの数秒で終わったと言っているそうだが、平手も含めてカラオケのリモコンで数回から十数回殴った事実からすると、それ相当の時間貴ノ岩は殴られていたはずなのに、何故白鵬も鶴竜も止めなかったのか?

これはやはり、ほう助になると私はどうしても考えてしまいます。

あなたはどのように思いましたか?

スポンサードリンク

シェアする

フォローする