白鵬の証言を同席力士らが完全否定!現場で起きた”真実”が遂に暴露され・・・

元横綱日馬富士の暴行問題で白鵬の証言は嘘、やはり”ビール瓶で殴った”と話している人物がいることを週刊新潮が報じた。

さらに白鵬が日馬富士を制止したと話していることを、疑問視する声もあるという関係者の話もあがった。

鳥取県警がこうした疑惑をウヤムヤにして、暴行現場で起きた事件が捻じ曲げられたまま捜査を終結させるのはいかがなものか?

スポンサードリンク

凶器はやはりビール瓶!? “共犯”白鵬の偽証疑惑が再び浮かびあがってきた。

当初、今回の暴行事件の凶器はビール瓶だとされていたが、それが今ではカラオケのリモコンになっている。

ビール瓶とカラオケのリモコンを見間違えるはずはなく、まことに不可解と言うしかない。

しかし、今も“本当はビール瓶で殴ったのではないか”という疑惑は燻っているのだ。

そもそも、今回の件をスクープしたスポニチは11月14日付の1面にデカデカと「ビール瓶で殴打」と書いている。

同日、相撲協会の聴取に応じた貴乃花親方(45)も「ビール瓶で殴られた」と証言している。

ところが、暴行事件発覚の2日後に、マスコミの取材に応じた白鵬(32)が、「ビール瓶では殴っておりません」

「(日馬富士がビール瓶を)持ったのは持ちましたけど滑り落ちました」と語り、当の日馬富士も鳥取県警の事情聴取に対してビール瓶での殴打を否定。

「平手や拳、カラオケのリモコンで殴った」そう説明したのである。

この証言や説明が正反対なのは、なぜ起こったのか?

暴行現場に同席していた横綱鶴竜や関脇照ノ富士も、あたかも白鵬と日馬富士の証言に“合わせる”かのようにビール瓶での殴打を否定したのだが、「実は照ノ富士はスポニチがこの件をスクープする前、周囲に“貴ノ岩が日馬富士にビール瓶で殴られた”と話していた。

しかし、警察などに対してはビール瓶での殴打を否定しており、証言内容が変遷していることになります」と、スポーツ紙記者は首を傾げる。

11月30日に相撲協会が発表した「中間報告」では、日馬富士が一旦手に持ち、滑り落ちたのはビール瓶ではなくシャンパンのボトルだとされている。

また、報道によれば、鳥取県警もビール瓶では殴っていない、と結論付けているそうだ。

こうして、何とも不可解な経緯を辿り、ビール瓶は事件現場から“消えてしまった”ことになる。

しかし、だ。モンゴル力士の事情に詳しい関係者はこう証言する。

「実は、日馬富士は、やはりビール瓶で貴ノ岩を殴ったんだ、と話している人物がいる。

しかも、ビール瓶を振りかざして瓶のボディの部分で殴ったのではなく、瓶上部の細い部分を手で掴み、瓶の底を貴ノ岩の頭頂部にガンガン打ちつけるような形で何度も殴った、と具体的に話しているのです」

これが事実であれば、白鵬をはじめとする同席者は皆、事情聴取に対して嘘の証言をし、鳥取県警はまんまとそれに騙されていることになるのだが……。

スポンサードリンク

“日馬富士にやらせた”

白鵬に関しては目下、もう1つ疑惑が囁かれている。

「警察などの事情聴取に対して、貴ノ岩を殴る日馬富士を制止したのは自分だ、と白鵬は話していますが、それを疑問視する声が上がり始めているのです」

と、貴乃花親方に近い相撲協会関係者が語る。

「同席していた鶴竜は、暴行の最中に“俺のしつけが悪いのがいけないので、これで勘弁してやって下さい”と言って貴ノ岩を助けようとした。

照ノ富士は暴行を止めようとして自分も殴られた。

照ノ富士が問題発覚前に今回のことを周囲に話していたのは、それが原因だと言われています」

そして、白鵬に関しては、「貴ノ岩本人には、白鵬に助けてもらったという認識が全くない。

それどころか、貴ノ岩サイドからは“白鵬は自分の代わりに日馬富士にやらせた”という声すら聞こえてきます。

本当にそうなのであれば、白鵬は“共犯”と言われても仕方がない」

“田舎警察”と揶揄されることもある鳥取県警だが、さすがにこうした疑惑をウヤムヤにしたまま捜査を終結させることはあり得ないと思うのだが・・・

ソース元
http://news.livedoor.com/article/detail/14021052/

そして相撲協会と貴乃花親方の対立がますます激しくなっている。

巡業を、診断書を出さずに欠場している貴ノ岩。

相撲協会が求める傷害事件の聞き取り調査に、貴乃花親方は先月の理事会で、「警察の捜査が終わったら協力する」と発言し、日馬富士が書類送検された後に応じる考えを示していた。

しかし、11日に書類送検された後、貴乃花親方は、「検察の判断が出るまで協力できない」などとする文書を協会側に送っていたことが、新たにわかった。

そして13日午後2時半、東京の貴乃花部屋に動きが・・・

相撲協会の鏡山危機管理部長が13日も文書を持って訪れた。

協会側は、貴ノ岩の聴取を13日に行いたいと、貴乃花親方に要望していたという。

鏡山危機管理部長「貴ノ岩の聴取をお願いしてたんですけど、来なかったので。

ファクスというわけにはいかないので、もう一度、再度来ました。(八角)理事長が何度も電話しているけど出ないので来ました」

溝が深まるばかりの貴乃花親方と相撲協会。

ある関係者は、貴乃花親方について「あの人のことは信用できない」と語っていて、今月20日の理事会までに貴ノ岩の聴取ができなければ、協会としての調査は事実上打ち切りとなる見通しもあるのか?

スポンサードリンク

シェアする

フォローする