貴乃花親方の社会常識がどうのこうのと言うなら最ヤバイ相撲協会の体質を知るべき!

もし、今の大相撲が「モンゴル人同士の星の廻し合い」で成立しているとしたら、それでも相撲ファンでいられるだろうか?

違う言い方をしたら、「馴れ合い相撲」を観て、喜んでいられうだろうか?

社会常識がどうのこうのと言う前に、貴乃花親方の事情聴取に応じない頑なな態度が本当はどこにあるのか?

そう考えた時、貴乃花親方が日馬富士引退後に初めて口を開いた。

「親睦というなら土俵の上で、力いっぱい正々堂々と相撲を取ることが、親睦ではないのか?」

この言葉の中に、答えがあるような気がします。

相撲協会の旧態依然とした体質と、悪しき習慣を未だに改善できない根源とは何なのか?

一緒に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

日馬富士の引退が「行き過ぎた指導」では片付けられない。

大昔から大相撲の暗部と言われてきたのが暴力と八百長です。

特に暴力体質は、日本人の入門志願者の低迷につながっているとの指摘もある根深い問題です。

今回、ついに暴力行為をめぐる深刻な事件が発生してしまいました。

横綱・日馬富士が、貴乃花部屋所属の力士・貴ノ岩に暴行を加えた責任を取って引退に追い込まれました。

このような形の引退はさぞや無念だと思いますが、記者会見における「行き過ぎた指導だった」と言わんばかりの説明には、納得しかねるところがあります。

この説明に違和感を覚えない大相撲関係者が多いとしたら、感覚が麻痺していると言わざるを得ません。

いまさら「どんな理由であれ暴力はいけない」などという紋切り型の話をしたいわけではありません。

言うまでもないからです。

ただ、これは「指導」なのでしょうか。

日馬富士は「礼儀と礼節がなってないとき、正して直して教えてあげることは先輩としての義務。弟弟子を思って叱った」、伊勢ヶ浜親方は「よその部屋の関取に指導をして、それが行き過ぎてしまった」(伊勢ヶ浜親方)と釈明しました。

「指導のための愛の鞭だった」という趣旨の説明は、暴力問題のたびに幾度となく繰り返されてきました。

しかし、今回の事件は、これまでの多くの暴力問題と違っているところがあります。

親睦がいつしか弟弟子として扱われる

親方も言っていますが、同じ部屋でもなければ同じ一門ですらない、ということです。

同じモンゴル出身とはいえ、違う部屋の力士に「強い」指導やしつけをすること自体が異様と言わざるを得ません。

部屋別総当たり制のもと、部屋が違えば対戦相手になり得ます。

土俵の上ではライバルであり、個人的な人間関係に基づいて指導することがあるとしても、アドバイス程度がせいぜいであるはずです。

対戦相手との間に強い上下関係が発生すれば、真剣勝負が成り立たなくなるおそれがあります。

まして、対戦相手に競技外で怪我を負わせれば「ライバルを潰そうとした」という見方が出ることは避けられません。

素手で殴るのを容認しているのか?

日本相撲協会危機管理委員会の調査でも、殴打は素手とカラオケのリモコンで20回程度に及び、シャンパンボトルを振り上げたが手から滑り落ちて大事に至らなかった、とされています。

横綱・白鵬が「物を持ってやってはいけない」と制止したそうですが、これでは素手による「指導」を容認していたとの疑いを拭いきれません。

故意による無気力相撲はあってはならない。

大相撲の幕内力士は年間6場所、90番も取組を行います。

同じ相手とも年間6回(優勝決定戦除く)は対戦の可能性があり、緊張感を保つのは簡単ではないはずです。

まして、過去に幾度となく八百長疑惑が浮上し、「故意による無気力相撲」なる公式用語までが存在する以上、力士同士の緊張感の維持は最優先されなければなりません。

出典:http://blogos.com/article/262429/

モンゴル互助会による見え見えの星の回し合い

大相撲平成28年11月場所は横綱鶴竜が、7場所ぶり3度目の優勝を飾った。

今年の幕内優勝は琴奨菊(初)、白鵬(春・夏)、日馬富士(名古屋)、豪栄道(秋)、鶴竜(九州)の5人で、5人の優勝は2000年以来16年ぶり。

スポンサードリンク

ファンからすれば白鵬独走よりこの方が良いと思うが、肝心の相撲内容はどうかと言うと、素人が見てもわかる無気力相撲が多すぎて見るに堪えない。

相撲を見れば分かる。

終盤になると、モンゴル互助会による見え見えの星の回し合いばかり。

今場所なら、白鵬対照の富士、白鵬対鶴竜、白鵬対日馬富士、鶴竜対日馬富士は、ショッキリより酷い内容。

11日目に稀勢の里が全勝の鶴竜を破り星の差を1つとしたが、鶴竜の残りの対戦力士がモンゴル互助会に協力的で注射相撲が多い琴奨菊、他にも白鵬、豪栄道、日馬富士だったので、4つの内3つは星がもらえる状況。

鶴竜からすればガチンコの豪栄道だけ全力で勝ちに行けば、仮に稀勢の里が残り全部勝っても逃げ切れた。

これは今場所に限った話ではなく、白鵬が行けそうなら白鵬に協力、日馬富士が行けそうなら日馬富士に協力という感じで、優勝力士が読めて面白くない。

ガチンコ力士で有名な稀勢の里が優勝するには、終盤で星をリードしないとまず優勝できない。

出典:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1276

危機管理委員会による貴ノ岩の事情聴取

役員室に呼ばれた貴乃花親方は、協会のトップである八角理事長(元横綱北勝海)からの要請、

「危機管理委員会による貴ノ岩の事情聴取に応じて欲しい」

というよりもお願いに対し、

 「お断りします」

こう言って席を立った。

この返事を聞いて、同席していた春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「ビックリした」と話している。組織人間であれば、考えられないことだったからだ。

その後も貴乃花親方は、事件解決を急ぐ協会首脳の再三、再四の要請にもことごとく拒否を続けている。何がここまで貴乃花親方を頑なにしているのか。

「一つ目は、現状に対する不満ですね。

4横綱時代ですが、実質はモンゴル人横綱の1強時代。

彼らにいいようにひっかき回されていることに強い不満を抱いていたところに、日馬富士が横綱らしからぬことをしでかしたので、これは許せないと尻をまくったんです」

「二つ目は、八角理事長体制に対する大きな不信です。

貴乃花親方には、7年前の野球賭博事件の時、相撲協会の一方的な調査で兄弟子の大嶽親方(当時、元関脇貴闘力)を解雇された苦い思い出があります。

もし貴ノ岩の事情聴取に応じたら、またあの時の二の舞になりかねない。

八角理事長には、理事長選で敗れた恨みもありますから。

だから、鳥取県警の捜査を最優先し、相撲協会の要請には、クビを横に振り続けているんですよ」

言ってみれば、上司に真正面から逆らっている貴乃花親方。

このままいけば、背信行為でペナルティーを受ける公算は大。

しかし、貴乃花親方は周囲に、「自滅覚悟。たとえクビになっても自分の思いを貫く」と漏らしているという。

出典:https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12151-14244/

貴乃花親方が日馬富士引退後に初めて口を開いた。

暴行問題の責任を取る形で、横綱・日馬富士の引退を受け、一切無言を貫いていた被害者の貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が、都内でスポニチの取材に初めて口を開いた。

貴乃花親方は、過熱する報道はあえて見ておらず、29日の引退表明は「知らなかった」といい、相撲協会理事として「横綱が引退したことは残念なことです」と話した。

また、現役の力士の親睦については、「現役のときに違う部屋の力士が酒席などをともにするのはどうなのか」と疑問を呈した。

そして「親睦というなら土俵の上で、力いっぱい正々堂々と相撲を取ることが親睦ではないのか」と持論を展開。

酒をあおるのではなく、神聖な土俵上で礼節を尽くし、戦うことこそが本当の力士同士の交流である考えを示した。

出典:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/11/30/kiji/20171129s00005000258000c.html

終わりに

八百長が本当にあるのかどうか?は判りません。

しかし、現に部屋が違うモンゴル人同士の飲み会があったり、真の弟弟子でもないのに”かわいがり”を傘に、師弟のような関係を作ること事態が、”馴れ合い”につながる恐れは充分にあります。

このような状況では、貴乃花親方が教示しているように、現役の力士のうちは出稽古や同郷同士の親睦も、控えさせるのは仕方のないことであり、これを制しない協会であれば、結局はこのような事件が繰り返される事が必須と見るしかありません。

もしも改革できるなら、交流があってもびくともしない、正々堂々とした相撲が取れるように、力士たちの環境を変えてあげなければいけないはずです。

それが出来なかった長である八角理事には、貴乃花親方に謝罪し、悪しき根源を無くせなかった責任を取ってもらうべきではないでしょうか?

そうしないとこの問題は、真の解決にはならずじまいのまま、この後も残り続ける気がします。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする