所さんお届けモノです!LITHON (ライソン) 焼きペヤングメーカー”一芸家電”の紹介!

ペヤング焼きメーカーお取り寄せ

2020年9月27日「所さんお届けモノです!」で放送。

機能を絞り込むことで低価格を実現し、アイデアで勝負するユニークな家電を作る会社の商品、一芸家電が話題になっています。

個性が光る!一芸に特化した調理家電。

ここでは、ペヤングの焼きそばを、さらにもっと美味しく食べたい方におススメの、LITHON (ライソン) 焼きペヤングメーカーを紹介します!

 焼きペヤングメーカー

ペヤングメーカー今年バカ売れしている、世界初のペヤングソース焼きそば専用のホットプレートです!

カップ焼きそばは、焼いていないのに”焼きそば”と呼んでいい?という疑問から、ライソンの社長が解決すべく、ペヤングの”まるか食品”とコラボして作った商品だそうです。

所さんは、『目の付け所がおかしいよ、誰か注意しろよ』といってましたが、さっそく実力をチェック!

まずは、プレートに300mlの水を入れ沸騰するまで待ちます。

使うのは、超大盛。

お湯が沸騰するまでの間に、ペヤングを用意。

開け方は、本来とは違いフタをすべて開けて、沸騰したプレートに麺を2つとも入れます。

加薬の方もここでいれます。

1分ほどたったら麺を裏返し、水分をすってふやけたところでいよいよソースを投入。

ここから焼き目を入れていきますが、普通のホットプレートと違うのが、より高温をキープしてくれるところ。

そのため、ちょうどいい加減に香ばしく焼けるという出来上がりになります。

実際に出来上がった焼きそばの下の方には、おこげがしっかりとありました。

この部分の食感が違って、美味しいそうです。

所さんは出来上がりを食べて、「ん~ん~」「パリパリ💛」「パリパリしてうまい💛」

「これは美味しい」とはしゃいでました。

所さんも大コーフンした、究極の一芸家電です。

ポップコーンメーカー

ポップコーンメーカー

こちらは、12万台も売れたとして大ヒット商品を紹介してもらった、ポップコーンメーカーです。

所さんは、『これ子供にうけるよね。これ面白いじゃん。』といってました。

出来上がりをスタッフが食べてみると、「ほんのり甘くて香ばしい」というレポート。

ポップコーンを作るだけに特化した、その名もポップコーンメーカー。

スーパーなどに売っている乾燥コーンを約60g入れて、スイッチを押すだけ!

すると、たったの1分で熱々のポップコーンができあがります。

LITHON (ライソン)

商人の街の中でも東大阪市は、 全国トップクラスの工場数を誇り、なんでも作れる街と言われるほど。 

ここに本社を構えるのが、ライソンです。

ライソンでは、大手にも負けない一芸家電が100アイテムぐらいあるといいます。

その秘密は、大手では通らない企画の商品が、ライソンなら沢山売れなくても開発できるという点にあります。

社長は現在39歳と若手ですが、フットワークが軽い分社員一丸となって、一芸家電を次々と開発。

実は、年間5億円以上を売り上げているすごい会社です。

Go To トラベルキャンペーン特集!

日本旅行では、さまざまななツアーを多数取り揃えています。 家族旅行から女子旅、ひとり旅、日帰りまで、目的に応じたプランからご希望の旅行が見つかります。 往復新幹線と宿泊のセットがお得なプランに注目です! Go To トラベルキャンペーンは、宿泊、または日帰りの国内旅行の代金総額に対して、国が支援する事業です。 「観光復興」「安心・安全の旅行」の両立を目指して取り組んでいる事業です。 観光復興に向けて、Go To トラベルキャンペーンを利用しましょう!
お取り寄せ
さとるをフォローする
解決ねっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました