初耳学でペアーズを紹介!アンゴラ村長がマッチングアプリで恋人探し?

マッチングアプリ恋愛

2020年10月25日の初耳学では、ペアーズのマッチングアプリが紹介され、お笑い芸人のにゃんこスターのアンゴラ村長が、「ペアーズ」を使って恋人を探す様子を、35日間密着する企画が放送されました。

はたして、アンゴラ村長はマッチングアプリで、本気の恋人探し?が成功するのでしょうか?

アンゴラ村長がペアーズのマッチングアプリに挑戦!

林先生の初耳学 動画 2020年10月25日 マッチングアプリで恋人作り第3弾アンゴラ村長が本気で恋をした

プロフィールを充実

プロフィールでは、登録の写真が多いほど相手に対して自分のイメージや印象を伝えやすいので、マッチングアプリでの出会いに有利です!

ペアーズを使うにあたっては、自分の魅力を相手によく伝わるよう、プロフィールを念入りに作って充実させることが大事のようです。

アンゴラ村長も登録写真にこだわって、メイン写真の他にもサブ写真を9枚登録していました。(※メインとサブで合わせて合計10枚)

プロフィールを作り込んだかいもあって、ペアーズを使い始めてすぐに3いいねもらっていました。

コミュニティ10個に参加

ペアーズには、同じ趣味や価値観の相手と出会える「コミュニティ」という機能があります。

自分に合ったコミュニティに参加しておけば、マッチング後のメッセージに進んだ際、趣味や共通点の話題で盛り上がることが出来ます。

アンゴラ村長さんはコミュニティ機能も駆使して、マッチング数を増やすことをしていました。

さらに、参加したコミュニティは、自分のプロフィールに表示にされるのも、出会いの機会が増えるポイントです。

アンゴラ村長は、10個のコミュニティに参加して、一気に65件の「いいね」を獲得することに成功していました。

1週間で8人の男性とやり取り&デート

マッチングアプリのデート1回目は、交際する前のお試し期間みたいなものに当たります。

複数のお相手と出会い本命の1人に絞り込むのが、マッチングアプリの効率の良い方法といえます。

アンゴラ村長は、一緒にオンラインゲームをしたり、オンラインゲームをしたりと、臨機応変に相手男性と交流を深めていきました

そして、1週間で8人の男性と同時にメッセージのやり取りとデートをしていました。

「複数の男性と同時にデートするっていいの?」とバズる直前でしたが、それに関しては、マッチングアプリの魅力の1つです。

アンゴラ村長は相手の男性と休みの日を合わせたり、デートの約束もスムーズに行っていました。

本命の1人に絞り告白を決意!

「告白失敗したら楽しい時間終わるかも…」と、不安な様子のアンゴラ村長。

複数人の男性とデートした後で本命一人に絞り、その男性に告白しようと決心していました。

勇気を持って公園デートの最中に告白。

相手男性は「俺もうペアーズ消したんだよね」と発言。

ペアーズで大切にしたい人を見つけ、「恋活の場はもういらない」と判断したようです。

その大切な人とは、アンゴラ村長を指しているのでしょうか?

ついに告白!その結果は?

デートを繰り返している内に、お互い惹かれあっていったようで、相思相愛の関係ができていました。

告白はアンゴラ村長から「好きです、付き合ってください!」と伝えてOKの返事をもらい、見事カップル成立!

お相手は「アモさん」

ペアーズを使い始めて、66日で新しい彼氏ができました。

アンゴラ村長が彼氏ができたマッチングアプリ

アンゴラ村長が、彼氏ができたマッチングアプリは「ペアーズ」です。

ペアーズは趣味の合うお相手と出会える人気アプリで、初心者でも使いやすくなっています。

会員登録は無料なので、「マッチングアプリで恋人探しをしたい」という方は試してみるのも良いでしょう!

恋活・婚活のためのマッチングアプリ公式Pairs(ペアーズ)はこちら↓

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)とは?

「林先生の初耳学」で紹介されていたマッチングアプリ、Pairs(ペアーズ)とは、一体どんなアプリでしょうか?

会員数1,000万人(2021年4月現在)
主要年齢層男性:20代前半~30代後半
女性:20代前半~30代後半
利用目的恋活・婚活
月額料金iPhone:4,300円(税込)/月
Android:4,300円(税込)/月
※女性は無料
運営会社 株式会社エウレカ

Pairs(ペアーズ)は、累計会員数が1,000万人以上という業界最大手のマッチングアプリです。

・お値段の手頃さ

・出会いやすさ

・安心・安全性

が、利用するユーザーに支持され、NO1といっていいです。

特にマッチングアプリ初心者であれば、とりあえずペアーズから始めることをお勧めします。

ペアーズ(Pairs)の料金プランは?

そんな、ペアーズ(Pairs)の料金プランはどうなっているのか?気になりますよね♪

そこでまず、ペアーズの無料と有料会員の違いについてまとめました。

有料アイテムであるペアーズポイントや、身バレ防止のプライベートオプション、女性のみのレディースオプションも紹介します!

無料と有料会員の違いは?

機能無料有料
メッセージ1通のみ可無制限
毎月の付与「いいね」数30回/月60回/月
足跡の表示人数5人まで5人まで
みてね!の送信
相手を検索する
相手のプロフィール閲覧
「いいね」を送る
マッチング
受信メッセージの確認×
相手の「いいね」数確認×

ペアーズの男性無料会員と有料会員の大きな違いは、メッセージのやり取り、確認が単発か?無制限にできるか?ということになります

ペアーズの無料会員は、マッチングできたとしても1通だけしかメッセージが送れません。

複数回のメッセージをやり取りする場合は、男性は有料課金が必要になってきます!

ペアーズの基本的な使い方!

無料と有料会員の違いについて理解したところで、ペアーズの基本的な使い方についてご紹介していきます。

いいねを送る

アプリのホーム画面には、自分と条件が合いそうなお相手がAIで表示されます。

まずは、そこから「この人いいかも!」と思える人を探して「いいね!」を送りましょう♪

ただし、「いいね!」には限りがありますので、どんな人となら相性が良さそうか考えながら、送るようにしましょう!

ペアーズは、とにかく会員数が多いので、いいねを送る相手を厳しくしても「相手が見つからない……」ということはまずありません。

オンライン中の相手に注目!

マッチングの率を上げるためには「オンライン中」の相手に注目することが大事となってきます!

緑のマークがついてプロフィールにオンライン中と書かれているお相手は、リアルタイムでアプリを使っている方です。

つまり、その時いいねを送ることでお相手の反応も素早く、マッチングもしやすくなります。

オンライン中の人がいたら、その相手からチェックしていくことをお勧めします。

マッチング

いいねを送った相手が自分にもいいねを送り返してくれなければ、マッチング成立とならず、お相手とはメッセージ交換ができません。

まずはマッチングが成立することを目標に、「いいね」を積極的に送るようにしましょう♪

成立の鍵はプロフィール写真!

検索画面では、プロフィール写真と簡単な1文しか表示されません。

プロフィール写真で興味を惹かないと、詳細(自己紹介文など)も見られないため、ペアーズではマッチングが成立する鍵(ポイント)としては、プロフィール写真がとても大事となってきます。

おすすめのプロフィール写真は、自然な笑顔で第一印象を良く見えるようにし、興味を持ってもらいやすくすることです。

メッセージの送り方!

マッチングが成立すると、メッセージのやり取りができるようになります!

その場合でも焦らず、まずは挨拶と自己紹介をして、お相手と仲良くなることを心掛けましょう♪

相手のプロフィールや気になった部分は、積極的に質問することで、会話が途切れないようにしましょう。

また、否定は絶対にしないようにすることが、うまくいくコツです。

メッセージは早めに送る!

レスポンスが早い=真剣ということを相手に伝えることができますが、放っておくと関心や興味がないと思われます。

実際に、マッチングしたお相手がすぐにメッセージを送ってくれたら嬉しいですし、逆にいつまでも音信不通の状態だったら「何なの?」と思ってしまいます。

マッチングしたお相手には、なるべく早くメッセージを送るようにしましょう

実際に会う

メッセージのやり取りを重ねて仲良くなれたら、実際に会う約束をします!

実際に会うまでには、たくさんのやり取りをして、お互いのことをよく知ったうえで、本当に会ってみたいと思うことが大切です。

ペアーズの男性会員の料金は?

プラン月額
1ヶ月3,590円
3ヶ月2,040円/月
(一括6,120円)
6ヶ月1,530円/月
(一括9,180円)
12ヶ月1,010円/月
(一括12.120円)

※表示価格は全てクレジットの消費税込みの料金です
※決済方法やプランにより価格が異なる場合があります

ペアーズでは、男性は出会うために有料会員になる必要があります

1か月あたりの料金は長期プランの方が安くなりますが、マッチングアプリに慣れていない、試しなので長く使うかわからない…という方は、まずはお試しとして1か月プランか3か月プランを利用するのがおすすめです!

恋活・婚活のためのマッチングアプリ公式Pairs(ペアーズ)はこちら↓

Pairs(ペアーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました